【2021現代の書 新春展】のご案内2020.12.8
2021年新春、毎日書道会最高顧問、常任顧問、顧問、理事、監事の24人の作品が、和光ホールに展示されます。
貞香会会長・毎日書道会理事の赤平泰処が出品します。
お正月、近くにお越しの際はご高覧くださいますようご案内申しあげます。

■会 期:2021年1月5日(火)〜1月9日(土)
     午前10時30分〜午後7時〔最終日は午後5時閉場〕
■会 場:和光ホール
     〔和光本館6階〕東京都中央区銀座4−5−11 
TEL:03−3562−2111 www.wako.co.jp
■入場無料
■主 催:毎日新聞社・毎日書道会


―新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い―
•発熱のある方、体調がすぐれない方はご来場をお控えください。
・少人数でのご来場をお願いします。混雑時には入場制限があります。
・ご入場は晴海側エレベーターから、ご退場は銀座通りエレベーターをご利用ください。
•ご来場の際はマスクを着用し、手洗いまたは手指の消毒にご協力ください。
•会場内では、ソーシャルディスタンスを保ち、お静かにご鑑賞ください。
※ギャラリートークなどのイベント実施はありません。
•今後の感染状況などにより、変更が生じる場合があります。
※最新情報は和光のホームページでご確認ください。

 【東京都美術館コレクション展―読み、味わう―昭和の書】のご案内2020.12.8
上野アーティストプロジェクト2020「読み、味わう現代の書」の連動企画として、東京都美術館収蔵作品の中から、金子鷗亭による近代詩文書とともに、安東聖空や日比野五鳳らのかな作品が展示されています。
また、東京都江戸東京博物館が収蔵する、中村素堂先生の収集した短冊や、森田安次と青木香流、徳野大空の作品が紹介されています。ご高覧いただきますようご案内申し上げます。

■会 期:2020年11月18日(水)〜2021年1月7日(木)
    9:30〜17:30〔入場は閉室の30分前まで〕
    ※休室日:12/7(月)、12/21(月)、12/29(火)―2021年1/3(日)
■会 場:東京都美術館 ギャラリーB
     東京都台東区上野公園8−36 TEL:03−3823−6921(代表)
     https://www.tobikan.jp

■観覧無料

■主 催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
■連 携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館


<新型コロナウィルス感染症拡大防止のためのお願い>
○事前予約なしで観覧できます。ただし、混雑時に入場制限がありますので、ご注意ください。
○ご来場の際はマスクを着用してください。会場内では会話は控えるなど、感染症対策にご協力をお願いします。
○入館時に非接触型での体温測定があります。平熱と比べて高い発熱が確認された方は入場をお断りすることがあります。
○発熱や風邪の症状があるなど、体調がすぐれない方はご来場をお控えください。
○開催内容は都合により変更される場合があります。最新情報はウェブサイトでご確認ください。

 【第45回浄土宗芸術祭美術展】のご案内2020.10.27
■会期:2020年11月3日(火)〜11月8日(日)
    10:00〜18:00
    〔初日11:00から、最終日15:00まで〕
■会場:京都市美術館別館
    〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13   TEL:075-762-4671
■併催:浄土門主・法主墨蹟展
■主催:浄土宗・浄土宗芸術家協会

※貞香会より、赤平泰処、荒木大樹、赤尾真堂、今井泰篁、佐藤泰石、長尾泰邨、
三浦看山が出品いたします。ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

 【第3回素心会書展】のご案内2020.10.19
貞香会有志とその社中による小品展を、下記のとおり開催いたします。ご高覧ご高評賜りたくご案内申し上げます。

                記
■会期:2020年11月24日(火)〜11月29日(日)
    午前10時〜午後6時〔初日は午後2時開会・最終日は午後4時終了〕

■会場:東京銀座画廊・美術館8階
    東京都中央区銀座2−7−18 TEL:03−3564−1644

■主催:素心会〔理事長 荒木大樹〕
     
■後援:毎日新聞社・(一財)毎日書道会・貞香会

 【第34回西蓮会書展−“いま”を見つめて―】のご案内2020.9.29
西蓮会会員による第34回展を、下記の通り開催いたします。銀座にお出かけの際は、お立ち寄りくださいますようご案内申し上げます。
なお、誠に恐縮でございますが、新型コロナウィルス感染防止のため、会場ではマスク着用・消毒などの対策にご協力をお願いいたします。


■会期:2020年10月9日(金)〜10月13日(火)
    午前11時〜午後6時30分〔初日は午後1時開会・最終日は午後5時閉会〕
■会場:かねまつHALL(銀座かねまつ6丁目本店5階)
    東京都中央区銀座6−9−9(GINZA SIX向い)
  TEL:03−3572−6285(会場直通)
■主催:西蓮会〔主宰 赤平泰処〕
     
■後援:毎日新聞社・貞香会

 【東 明美 藁筆展】のご案内2020.8.27
貞香会審査会員の東 紅雨(明美)が作った藁筆展を、下記の通り開催しています。
ぜひ、お近くにお越しの際は、ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

                記
■会期:2020年8月12日(水)〜9月8日(火)
    11:00〜20:00(変更になる場合があります)

■会場:日本橋木屋 東京ミッドタウン店
    〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4 ガレリア3F
TEL:03−5414−2088
    www.kiya-hamono.co.jp Instagram @kiya_tokyomidtown

※ハガキ記載の書は、赤平泰処(会長)が藁筆を使って揮毫しました。

 【第45回下野の書展】のご案内2020.8.17
下野の書展では、下野書壇代表展、下野書壇選抜展、高校生選抜展の作品が一同に展示されます。お近くにお越しの際は、ぜひご高覧くださいますようご案内申し上げます。
■会期:2020年9月2日(水)〜9月7日(月)
    10:00〜21:00
    〔入場は、20:30まで 最終日は16:00まで〕
■会場:FDKショッピングモール宇都宮インターパーク店
    (2階大催事会場)
    栃木県宇都宮市インターパーク6-1-1 TEL:028-657-5000
■入場無料
■主催:下野新聞社
■共催:下野書道会
■後援:栃木県、栃木県書道連盟、栃木県高等学校文化連盟書道部会(高校展のみ)
■協賛:書遊松島堂、桐葉堂、宇台額縁
■お問い合わせ先:下野市教育文化事業部 「下野の書展」係
        〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11 TEL:028-625-1134         

※貞香会より、松本宜響、鈴木蓮徑、飯野彩心、亀和田郁芳、加茂珠香、岩渕響泉、清水天悠、
保坂登志、和田芳華が出品いたします。

 【書の時間】特別展示のご案内2020.7.31
コロナ禍の影響で書と触れ合う機会が失われるなか、毎日書道会で新聞やホームページなどの媒体を利用した書道展「書の時間」が企画されました。この機会に改めて「書は楽しいもの」であること、書の魅力や可能性を多くの書道ファンの皆様へ発信して行きたいとの趣旨により開催、毎日書道会最高顧問、常任顧問、顧問、理事、監事、総務の34人の作品が展示されています。
貞香会会長・毎日書道会理事の赤平泰処が出品しています。お近くにお越しの際は、ご高覧いただければ幸いに存じます。

■会 期:2020年7月14日(火)〜8月3日(月)
     11:00〜16:00
     ※土曜日、日曜日は休館

■会 場:アートサロン毎日・毎日書道会ウインドー
     (千代田区一ツ橋1-1-1)

■自由見学(入場無料)

■主 催:毎日書道会

<見学の方へ>
―新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い―
•発熱のある方、体調がすぐれない方はご来場をお控えください。
•ご見学の際は、マスクを着用し、手洗いまたは手指の消毒にご協力ください。
•混雑時は時間をずらすなど、譲り合いをお願いします。
•展示室内に休憩スペースはありません。予めご了承ください。
•新型コロナウイルスの感染状況により、日程や時間等が変更になる場合があります。

 【第51回現代女流書100人展】のご案内2020.7.6
毎日書道展を代表する女流書家が最新作を披露する展覧会です。
顧問7人、選抜された100人に加え、昨年の毎日書道展でグランプリの会員賞に輝いた作家の作品を紹介する「現代女流書新進作家展」を同時開催します。
漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻、刻字、前衛書の7部門にわたる多彩な書作品が展示されますので、下記のとおりご案内申し上げます。
なお、新型コロナウィルス感染防止のため、マスク着用、咳エチケット、手指の消毒等美術館及び展覧会主催者指示にご協力いただき、ご高覧くださいますようお願い申し上げます。
また、政府や東京都の動向、感染拡大状況を踏まえ、美術館の開館状況等の変更が生じることがありますので、最新の情報は、国立新美術館ホームページ(https://www.nact.jp)でご確認ください。

                 記
■会 期:2020年7月22日(水)〜8月2日(日) ※7月28日(火)は休館
午前10時〜午後6時(入場は閉場30分前まで)

■会 場:国立新美術館 展示室1D
 東京都港区六本木7−22−2
     
■入場無料

■特別展示:現代女流書新進作家展

■主 催:毎日新聞社、毎日書道会

※貞香会より、鈴木蓮徑、橋珠翠が出品いたします。

 【日本の書二〇〇人選―東京2020大会の開催を記念して】
  書展開催のお知らせ
2020.6.16
日本の書二〇〇人選の書展が、下記の通り開催しています。お近くへお越しの際は、お立ち寄りください。なお、会場出入口では、検温、消毒液の設置、受付等事務局スタッフ全員のマスク着用、会場内設備・備品の消毒など感染症予防対策をしていますが、ご来場の際には、マスク着用やメモ用筆記用具持参などをお願いします。
              記
■会期:2020年6月11日(木)〜6月21日(日)
    午前10時〜午後6時〔入場は、午後5時30分まで〕
※火曜日休館日

■会場:国立新美術館1階 企画展示室1E

■入場:要観覧料(大人1,000円、大学生500円、高校生以下無料)

■主催:東京2020オリンピック・パラリンピック記念書展実行委員会、文化庁、
独立行政法人日本芸術文化振興会〈実行委員会構成団体〉、公益財団法人全国書美術振興会、
公益社団法人全日本書道連盟、日本書道ユネスコ登録推進協議会、読売書法会、
一般財団法人毎日書道会、産経国際書会
■共催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
■後援:読売新聞社、毎日新聞社、産経新聞社、朝日新聞社、共同通信社
■ホームページ:http://shobi.or.jp/sho200/
■実行委員会事務局:公益財団法人全国書美術振興会内
      〒107-0052 東京都港区赤坂2−11−1 デルックス溜池山王
      TEL:03-3568-2071 FAX:03-3568-2072
      Eメール:sho200@shobi.or.jp

※貞香会より、会長・赤平泰処が出品しています。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30
P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45
P46 P47

CGI-design[トップページ][記事を編集]