【第40回日本の書展・第37回下野の書展】ご案内2012.8.28
第40回日本の書展(現代書壇巨匠展・現代書壇代表展)と第37回下野の書展(栃木県を代表する下野書壇代表展・下野書壇選抜展)の合同展が開催されます。

■会場=FKDショッピングモール宇都宮・インターパーク店2階大催事会場
    栃木県宇都宮市インターパーク6−1−1
    TEL:028−657−5000
  
■会期=2012年8月29日(水)〜9月3日(月)
    10時〜21時(入場は20時半まで、最終日は16時で閉会)
■主催=下野新聞社
■共催=下野書道会
■後援=文化庁、栃木県、栃木県書道連盟、全国書美術振興会、共同通信社

※貞香会より、松本宜響、加茂泰玄、加茂珠香、飯野彩心、亀和田郁芳、岩渕響泉、加藤翁雪、和田芳華、橋本竹泉が出品しております。

ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

 講演会のご案内【法隆寺献納宝物の銘文をめぐって】2012.8.10
大正大学書道カレッジ「東洋の歴史と文化を語る」シリーズ講座、9月度のスペシャルセミナーをご紹介します。書道に関する歴史や文化など一緒に勉強しませんか。どなたでも参加できます。ぜひ、ご知友をお誘い合せのうえ、ご聴講ください。

            記

■演 題:法隆寺献納宝物の銘文をめぐって
■内 容:法隆寺が明治11年(1878)に皇室に献納し、第二次世界大戦後に国有となって東京国立博物館に保管されている法隆寺献納宝物の銘文が示す古代東アジアの文化の交流を、最新の情報を交えて紹介します。
     
■講 師:加島 勝(大正大学 歴史文化学科 教授)
■プロフィール:専門分野は仏教工芸史・文化財学。主な著書に『柄香炉と水瓶』(日本の美術540ぎょうせい)、「法隆寺献納宝物舎利塔の修理と新発見の墨書銘」(東京国立博物館研究誌)他論文多数。

■日 時:9月29日(土) 13:30〜15:00
■会 場:大正大学浜松町サテライト教室 3階
■受講料:2,500円
■会員登録料:1,000円(新規の方のみ)
■申込方法:0120‐721‐310(フリーダイヤル)までお電話ください。
※平日 10:00〜17:00
■お問合先:大正大学事業法人(株)ティー・マップ <大正大学書道カレッジ担当>

 【第34回東天會書展】ご案内2012.8.6
■会場=銀座・文藝春秋画廊(1・2階)
    〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 TEL:03-3571-5494
■会期=2012年8月6日(月)〜8月11日(土)
    11時〜18時(最終日は17時)
■主催=東天会(代表:室生大韻)
■後援=毎日新聞社、天台宗書道連盟、千葉県書道協会、貞香会

ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

 【挑む 金子卓義の書】ギャラリートークのご案内2012.7.12
「挑む 金子卓義の書」会期中、下記の日程でギャラリートークが行われます。
金子卓義先生と深く親交のあった先生方と金子先生ご門下の方々によるギャラリートークです。
書の面白さや見方、金子卓義先生の書についてお話を伺います。皆様ご参加くださいますようご案内申し上げます。
           記 
●会 場=銀座・和光ホール(和光本館6階)
●時 間=15:00〜16:00

7月23日(月) 赤平泰処先生、船本芳雲先生、永守蒼穹氏
7月24日(火) 仲川恭司先生、柳 碧蘚先生、加藤有鄰氏
7月25日(水) 鬼頭墨峻先生、辻元大雲先生、金子大蔵氏

総合司会 渡辺会山

※展覧会会期=7月21日(土)〜29日(日) 午前10:30〜午後7:00
 29日は午後5:00まで
 会場=和光ホール(東京都中央区銀座4-5-11
 主催=挑む 金子卓義書展実行委員会
 後援=毎日新聞社・創玄書道会他 

 【すみよい展−金子卓義を偲んで 一期一会−】のご案内2012.7.12
●会期=7月21日(土)〜29日(日)
●時間=AM10:00〜PM6:00 (初日PM1:00、最終日PM4:00まで)
●会場=ロイヤルサロン
    東京都中央区銀座5−8−1 サッポロ銀座ビル8F
    TEL:03-3572-1588(会場直通)
●協賛=墨運堂、呉竹、佐久間太煕堂、湯山春峰堂、東洋額装、硯山、可成屋、ほう古堂、一休園、一ノ蔵、サッポロビール
●後援=毎日新聞社、(財)毎日書道会

※貞香会より赤平泰処(会長)が出品しております。ご高覧くださいますようご案内申し上げます。
   

 【第64回毎日書道展】東京展開催!2012.7.12
■国立新美術館=前期展T期:7月11日(水)〜7月16日(月・祝)
        前期展U期:7月18日(水)〜7月23日(月)
        後期展T期:7月25日(水)〜7月30日(月)
        後期展U期:8月1日(水) 〜8月5日(日)

 ◎特別展示「熊谷恒子の世界」 7月11日(水)〜8月5日(日)

●午前10:00〜午後6:00(入場は5:30まで)
 ※火曜日は休館日、毎週水曜日は午後1:00開場

■東京都美術館=7月16日(月・祝)〜7月23日(月)
        午前9:30〜午後5:30 (入場は5:00まで)
 ※17日(火)は休館日、最終日は午後2:30で閉会

主催:毎日新聞社・(財)毎日書道会


 【第40回日本の書展】ご案内2012.6.12
■会期:6月14日(木)〜6月24日(日) ※6月19日(火)は休館日
■会場:国立新美術館
■主催:公益財団法人 全国書美術振興会・共同通信社
■後援:文化庁

※貞香会より、中村素岳(顧問)、赤平泰処(会長)、加茂泰玄(理事)が出品しております。ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

 第5回下野市書道連盟展のご案内2012.6.1
栃木・下野市書道連盟創設5周年を迎え、第5回展を開催します。本展は、賛助出品(下野市長様・下野市教育委員会教育長様)および会員作品の展示と、子どもから大人まで書道を気軽に楽しむコーナーを設けます。ご知友をお誘いあわせの上、ご高覧くださいますようご案内申し上げます。

■会期:平成24年6月8日(金)〜10日(日)
    9:00〜18:00(最終日は16:00まで)
■会場:下野市グリムの館(下野市下古山747番地 TEL:0285−52−1180)
■主催:下野市書道連盟
■後援:下野新聞社・栃木県書道連盟・下野市教育委員会・下野市文化協会

※貞香会より鈴木蓮徑(同人)、飯野彩心(同人)が出品しております。

 第47回 貞香書展2012.5.16
●会期 2012年6月27日(水)〜7月9日(月) 【7月3日(火)は休館日】
    10:00〜18:00(入場17:30まで) 
    最終日は16:00閉館(入場は15:00まで)
●会場 国立新美術館3A(港区六本木)
●主催 貞香会
●後援 毎日新聞社

・講演会 6月30日(土) 10:30〜12:00(国立新美術館講堂)
 伊藤滋 先生(東京学芸大学非常勤講師・岐阜女子大学特別客員教授)
 〈演題〉日本に所蔵される名帖〜碑法帖拓本の世界〜
  ○聴講無料/定員200名(申込先着順)
  ○申込先/貞香会事務所
      〒105-0013 東京都港区浜松町1-26-4 みとらビル2階
                            電話・FAX 03-3431-6626
・復興祈願〜短冊に祈りを〜
  ○会期中毎日開催 短冊に祈りの言葉を書いて被災地に届けましょう!

・作品解説 7月1日(日) 13:00〜14:00 展覧会場内

・席上揮毫 7月5日(木) 14:00〜15:00 国立新美術館講堂
  ○赤平泰処
  ○荒木大樹
  ○大野宜白


ご高覧くださいますようご案内申し上げます。(入場無料)  

 出品者の方へ【第47回貞香書展のご案内】2012.5.14
第47回貞香書展が、6月27日(水)〜7月9日(月)まで国立新美術館で開催されます。
今年度は会期が早まりましたので、出品者の方は、下記の点にご留意の上、作品制作のほどよろしくお願い申し上げます。
 
           記
■書類搬入締切について
出品票(1.出品目録 2.作品背ラベル)に出品料を添えて、6月4日(月)午前10時〜正午まで貞香会事務所にて受け付けます。
(出品者は表具店を通じ書類搬入を依頼してください。作品と一緒に書類(出品目録・作品背ラベル)、出品料を、表具店にお送りください)

*表具店は、佐久間大熈堂、東洋額装、藤和額装、キョー和の4店といたします。
*個人出品の方は、貞香会事務所にて受け付けます。

<問合せ先>貞香会事務所
出品についてご不明な点がありましたら、気軽に事務所までお問い合わせください。

〒105-0013 東京都港区浜松町1-26-4 みとらビル
TEL&FAX:03-3431-6626(電話は平日9:00〜17:00 FAXは24時間受付ます)

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30
P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38

CGI-design[トップページ][記事を編集]