【埼玉県東書道展−創立20周年記念−】のご案内2012.10.13
●会期=2012年10月18日(木)〜21日(日)
    10:00AM〜6:00PM
●会場=東部地域振興ふれあい拠点施設多目的ホールC
    (東武スカイツリーライン・春日部駅西口より徒歩3分)
●主催=埼玉県東書道人連盟
●後援=埼玉県書道人連盟・春日部市・春日部教育委員会

※貞香会より、中村素岳(顧問)、中村青藍(事務局長)、坂井哲錚(準同人)が出品しております。

ご高覧賜りたくご案内申し上げます。



 【第8回グループ”005・Wの会書展】のご案内2012.10.13
●会期=2012年10月11日(木)〜14日(日)
    9:00AM〜6:00PM (初日1:00PMより、14日(日)及び最終日4:00PMまで)
●会場=栃木県総合文化センター 第4Aギャラリー

栃木県女流作家、有志19人による書展です。

※貞香会より、飯野彩心(同人)が出品しております。

ご高覧賜りたくご案内申し上げます。



 出光美術館・笠嶋忠幸氏講演会【日本の書・美の伝播】ご案内2012.10.3
大正大学書道カレッジ「東洋の歴史と文化を語る」シリーズ講座、10月度のスペシャルセミナーをご紹介します。書道に関する歴史や文化など一緒に勉強しませんか。どなたでも参加できます。ぜひ、ご知友をお誘い合せのうえ、ご聴講ください。

            記

■演 題:日本の書・美の伝播
■内 容:わが国の書表現は、平安時代以来、独自の美意識を発展させ、伝播・継承してきました。この講座では様々な名筆の魅力を画像スライドで紹介しながら、現代の書へも影響を与え続ける歴史の謎に迫ります。
     
■講 師:笠嶋 忠幸[公益財団法人 出光美術館 学芸課長代理・博士(美術史学)]
■プロフィール:専門分野は日本美術史・日本書道史。主な著書に『書を味わう』(淡交社・2010年)、『鉄斎「富士の山図」の謎』(学生社・2004年)他多数。

■日 時:10月20日(土) 13:30〜15:00
■会 場:大正大学浜松町サテライト教室 3階
■受講料:2,500円
■会員登録料:1,000円(新規の方のみ)
■申込方法:0120‐721‐310(フリーダイヤル)までお電話ください。
※平日 10:00〜17:00
■お問合先:大正大学事業法人(株)ティー・マップ <大正大学書道カレッジ担当>

 【第26回西蓮会書展−夢に向かって−希望の書−】ご案内2012.9.14
●会期=2012年10月12日(金)〜16日(火)
    11:00AM〜7:00PM (初日1:00PMより、13日(土)及び最終日6:00PMまで)
●会場=銀座かねまつHALL(銀座かねまつ6丁目本店5階)
    中央区銀座6-9-9(松坂屋向い)TEL:03-3572-6285(会場直通)
●主催=西蓮会(主宰・赤平泰処)
●後援=毎日新聞社・貞香会

ご高覧賜りたくご案内申し上げます。

 【第43回墨光書展】ご案内2012.9.14
■会期=2012年10月10日(水)〜14日(日)
    10:00〜18:00(初日13:00開会、最終日16:00閉会)
■会場=春日部市民文化会館(TEL:048-761-5811)
■アクセス=東武線春日部駅東口より徒歩10分、東口よりバス・ロビンソン百貨店前下車1分

<教育部>
●日程=2012年10月6日(土)〜8日(月)
    10:00〜18:00(初日13:00開会、最終日16:00閉会)
●会場=春日部市商工振興センター「アクシス春日部」(TEL:048-761-3181)
●アクセス=東武線春日部駅東口より徒歩7分

主催:墨光書道院(主宰・中村素岳)
後援:埼玉県、毎日新聞社、埼玉新聞社、貞香会

ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

 【中国との交流22年・あゆみ展】ご案内2012.9.4
祝日中国交正常化40周年・飯能市中国三誌読者の会創立二十二周年記念して、「中国との交流22年・あゆみ展<特別展示−中国との交流書画展>」を、下記のとおり開催いたします。

<会長 大野邦弘(宜白)の書画交流33年―
啓功、菫寿平、劉炳森、佟韋、劉芸、蘇士樹、張虎、陳栄琚、王祥之、熊白斉、張源、谷谿、田樹萇、何宝森、張道興、魏啓後、陳巨鎖、陳大章、趙望進、等50余点>

              記

●日程=2012年9月8日(土)〜13日(木)
    10:00〜18:00
●会場=飯能市市民活動センターギャラリー
    丸広百貨店・飯能店7階
    埼玉県飯能市栄町24番地4
    TEL:042−978−7551
●オープニングパーティー=9月8日(土) 午後3:30〜4:30 会場内
●主催=飯能市中国三誌読者の会
●事務局=埼玉県飯能市美杉台2-7-5 廣瀬拝子さん方 TEL:042-971-3351
●後援=飯能市、飯能市教育委員会、人民中国雑誌社、東京中国文化センター、日本中国文化交流協会、飯能市文化協会、飯能市国際交流協会、飯能美術家協会、飯能日高テレビ

※ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

 【第40回日本の書展・第37回下野の書展】ご案内2012.8.28
第40回日本の書展(現代書壇巨匠展・現代書壇代表展)と第37回下野の書展(栃木県を代表する下野書壇代表展・下野書壇選抜展)の合同展が開催されます。

■会場=FKDショッピングモール宇都宮・インターパーク店2階大催事会場
    栃木県宇都宮市インターパーク6−1−1
    TEL:028−657−5000
  
■会期=2012年8月29日(水)〜9月3日(月)
    10時〜21時(入場は20時半まで、最終日は16時で閉会)
■主催=下野新聞社
■共催=下野書道会
■後援=文化庁、栃木県、栃木県書道連盟、全国書美術振興会、共同通信社

※貞香会より、松本宜響、加茂泰玄、加茂珠香、飯野彩心、亀和田郁芳、岩渕響泉、加藤翁雪、和田芳華、橋本竹泉が出品しております。

ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

 講演会のご案内【法隆寺献納宝物の銘文をめぐって】2012.8.10
大正大学書道カレッジ「東洋の歴史と文化を語る」シリーズ講座、9月度のスペシャルセミナーをご紹介します。書道に関する歴史や文化など一緒に勉強しませんか。どなたでも参加できます。ぜひ、ご知友をお誘い合せのうえ、ご聴講ください。

            記

■演 題:法隆寺献納宝物の銘文をめぐって
■内 容:法隆寺が明治11年(1878)に皇室に献納し、第二次世界大戦後に国有となって東京国立博物館に保管されている法隆寺献納宝物の銘文が示す古代東アジアの文化の交流を、最新の情報を交えて紹介します。
     
■講 師:加島 勝(大正大学 歴史文化学科 教授)
■プロフィール:専門分野は仏教工芸史・文化財学。主な著書に『柄香炉と水瓶』(日本の美術540ぎょうせい)、「法隆寺献納宝物舎利塔の修理と新発見の墨書銘」(東京国立博物館研究誌)他論文多数。

■日 時:9月29日(土) 13:30〜15:00
■会 場:大正大学浜松町サテライト教室 3階
■受講料:2,500円
■会員登録料:1,000円(新規の方のみ)
■申込方法:0120‐721‐310(フリーダイヤル)までお電話ください。
※平日 10:00〜17:00
■お問合先:大正大学事業法人(株)ティー・マップ <大正大学書道カレッジ担当>

 【第34回東天會書展】ご案内2012.8.6
■会場=銀座・文藝春秋画廊(1・2階)
    〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-12 TEL:03-3571-5494
■会期=2012年8月6日(月)〜8月11日(土)
    11時〜18時(最終日は17時)
■主催=東天会(代表:室生大韻)
■後援=毎日新聞社、天台宗書道連盟、千葉県書道協会、貞香会

ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

 【挑む 金子卓義の書】ギャラリートークのご案内2012.7.12
「挑む 金子卓義の書」会期中、下記の日程でギャラリートークが行われます。
金子卓義先生と深く親交のあった先生方と金子先生ご門下の方々によるギャラリートークです。
書の面白さや見方、金子卓義先生の書についてお話を伺います。皆様ご参加くださいますようご案内申し上げます。
           記 
●会 場=銀座・和光ホール(和光本館6階)
●時 間=15:00〜16:00

7月23日(月) 赤平泰処先生、船本芳雲先生、永守蒼穹氏
7月24日(火) 仲川恭司先生、柳 碧蘚先生、加藤有鄰氏
7月25日(水) 鬼頭墨峻先生、辻元大雲先生、金子大蔵氏

総合司会 渡辺会山

※展覧会会期=7月21日(土)〜29日(日) 午前10:30〜午後7:00
 29日は午後5:00まで
 会場=和光ホール(東京都中央区銀座4-5-11
 主催=挑む 金子卓義書展実行委員会
 後援=毎日新聞社・創玄書道会他 

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30
P31 P32 P33 P34 P35

CGI-design[トップページ][記事を編集]