【2018現代の書 新春展―今いきづく墨の華―】のご案内2017.12.12
毎日書道展出品者の中から選出された作家の新作が、和光ホールとセントラルミュージアム銀座の2会場に分かれて展示されます。お正月はぜひ、銀座にお出かけください。


■会 期:2017年1月3日(水)〜1月9日(火)

■入場無料

■会 場:
◎和光ホール26人展  
     午前10時30分〜午後7時〔1/3は正午〜、1/9は午後5時閉場〕
     〔和光 本館6階〕東京都中央区銀座4−5−11
     
○ギャラリートーク&サイン会
  1/6(土)、7(日)、8(月・祝)、9(火) 午後3時〜
    
◎セントラル会場100人展―65歳以上の作家による―
     午前10時〜午後6時〔1/3は正午〜、1/6は午後5時閉場〕
〔セントラルミュージアム銀座〕東京都中央区銀座3−9−11 パルプ会館5階

○席上揮毫 1/7(日)、9(火)※  午後1時〜
   ※1/9(火) 中村素岳が席上揮毫いたします。 
 ○作品解説 1/6(土)、8(月・祝) 午後1時〜

■主 催:毎日新聞社・毎日書道会

※貞香会より、顧問・中村素岳、会長・赤平泰処が出品いたします。(会場:セントラルミュージアム銀座)ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

 【游墨同人新春書展 2018】のご案内2017.12.12
2018年の年明けの展覧会です。成田山新勝寺へ初詣の際、ぜひお立ち寄りください。

■会期:2018年1月1日(月)〜1月6日(土)
    9:00〜16:00〔最終入場15:30〕

■会場:成田山書道美術館 2階展示室
〒286-0023 千葉県成田市成田640  TEL:0476-24-0774

■入場:ハガキの原本、またはこちらのハガキをダウンロード・印刷して、入館受付にお渡しください。
    
   
※貞香会より、真下良祐、荒井谿水、池田翠雨、奥村珠翠、及川佩玉が出品いたします。
ぜひご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

 【松本宜響書展−花蔵院梵字曼荼羅と相縁の書−】のご案内2017.11.6
貞香会参与、栃木県書道連盟会長の松本宜響氏が、住職を務める栃木県宇都宮市の花蔵院にて個展を開催いたします。
花蔵院は真言宗智山派に属し、御本尊大日如来を中心として、諸尊諸菩薩をまつる曼荼羅の寺。
本展は「花蔵院梵字曼荼羅」「宜響墨戯」「翰墨相縁」の三部立てにより構成。平成二十七(二〇一五)年に改修工事が落慶した本堂と庫裏客殿が、超大作「梵字曼荼羅」のほか、書業五十年を集大成する氏の作品で荘厳される。
ぜひ、ご高覧くださいますようご案内申し上げます。

■日程:2017年11月23日(木・祝)〜11月27日(月)
    午前10時〜午後5時

■会場:花蔵院 
    〒321−0954 栃木県宇都宮市元今泉2−3−6
    TEL:028−634−8571
■アクセス:JR宇都宮線 宇都宮駅 東口より徒歩約7分


※詳しくは、こちらをクリックしてください。


 【2017巳歳の会書展】のご案内2017.10.30
巳歳生まれの書家が会派を超えて集う書道展です。ぜひご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

■会期:2017年11月21日(火)〜11月26日(日)
    10:00〜18:00 ※最終日17:00まで 

■会場:東京銀座画廊・美術館(7階)
    東京都中央区銀座2−7−8 TEL:03−3564−1644

■主催:「巳歳の会」書展実行委員会

■後援:読売新聞社、毎日新聞社、産経新聞社、全日本書道連盟、全国書美術振興会

※貞香会より、鈴木蓮徑(理事)が出品いたします。

 【第66回大正大学全国書道展】のご案内2017.10.17
大正大学では、毎年創立記念行事として、全国の幼児・小学生・中学生・高校生・大学生・一般の方々より作品を募集し、優秀な作品を展示しています。
また、大正大学書道研究部部員展も併催していますので、ぜひご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。


■会期:2017年11月4日(土)・5日(日)
    10:00〜17:00
■会場:大正大学2号館8階
    東京都豊島区西巣鴨3−20−1
■書道研究部関連企画
・学内部員展・・・書道研究部部員の作品展
■主催:大正大学・大正大学書道研究部

※学内部員展の賛助出品に、部長:赤平泰処、OB:柏木南城、橋珠翠、鈴木蓮徑、今井泰篁、飯野彩心、大屋泰穹が出品いたします。

 【第48回墨光書展】のご案内2017.10.2
墨光書道院会員による作品展を、下記の通り開催いたします。ぜひご高覧くださいますよう、御案内申し上げます。

■会期:平成29年10月11日(水)〜10月15日(日)
    午前10時〜午後6時〔6日は午後1時開会、10日は午後4時閉会〕

■会場:春日部市民文化会館 TEL:048−761−5811
※東武スカイツリーライン・春日部駅東口より、徒歩10分

■主催:墨光書道院(主宰・中村素岳)

■後援:埼玉県・毎日新聞社・埼玉新聞社・貞香会

 【酒の書と酒文化展】のご案内2017.9.28
10月1日 日本酒の日を記念して、酒の書と酒文化展を、日本と中国で開催します。
当展覧会は、
@展覧会『酒の書と酒文化展』
(日本を代表する書家180名・中国より20名の出品と日本酒ラベルの展示 / 日本 東京・長野 / 中国 蘇州市)、
A書籍『酒の書と酒文化』の刊行(日本)、
B試飲会(日本 東京 / 中国 蘇州市)三つの催しによる「飲む・書く・見る・知る」という活動を通じて、共に日本文化を支える酒文化と筆文化を多くの人に伝えたいという趣旨のもと開催されます。
酒造メーカー様よりご提供いただきました日本酒を展示し、試飲できるコーナーもあります。ぜひ、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

■会 期:2017年9月28日(木)〜10月3日(火)
     10:30〜17:30 ※最終日16時まで
■会 場:大崎ウエストギャラリー
     東京都品川区大崎3−6−7 パークハイツ大崎3F
     TEL:03−3490−4177
     http://www.space-gallery.net
     
■主催:大崎ウエストギャラリー・書道美術新聞

※貞香会より、晝間欽堂(参与)、中村素岳(顧問)、荒木大樹(顧問)、赤平泰処(会長)が展覧会に出品いたします。

 【第31回西蓮会書展―季節の書―】のご案内2017.9.8
西蓮会会員による第31回展を、下記の通り開催いたします。銀座にお出かけの節は、ぜひお立ち寄りくださいますようご案内申し上げます。

■会期:平成29年10月13日(金)〜10月17日(火)
    午前11時〜午後6時30分
    〔初日は午後1時開会・最終日は午後5時閉会〕
■会場:かねまつHALL(銀座かねまつ6丁目本店5階)
    東京都中央区銀座6−9−9
    TEL:03−3572−6285(会場直通)
■主催:西蓮書道会(主宰 赤平泰処)
     
■後援:毎日新聞社・貞香会

 【第50回現代書作家協会展】のご案内2017.8.22
当展は、第50回目、また国立新美術館でのデビュー展を記念して、開催しています。
現代書作家協会が収蔵している、青山杉雨・金子鷗亭・手島右卿といった昭和の大書家と、当協会創立者の武士桑風、および現在活躍中の書道各界を代表する先生方の臨書作品を特別展示しています。また臨書部門では、公募・無鑑査・出品委嘱・役員の臨書や摸刻作品と、中国からの臨書作品を、現代部門では、公募と会員の創作作品を展示しています。
ぜひ、ご高覧いただきますようご案内申し上げます。

■会期  平成29年8月10日(木)〜8月20日(日) ※8月15日(火)休館日

■時間  午前10時〜午後6時〔入場は、午後5時30分まで〕

■会場 国立新美術館2C
     東京都港区六本木7−22−2  TEL:03-5777-8600
■主催 (一社)現代書作家協会

■後援 (公財)全日本書道連盟、(一財)日本書写技能検定協会、中国大使館文化部

※貞香会より、会長・赤平泰処が出品しております。

 【第10回許我篆書展】のご案内2017.8.22
現代書壇を代表する書家が、古河ゆかりの文字を篆書で表現した作品の展覧会です。
2017年度は「篆刻」がテーマです。各作家の多彩な篆書表現をどうぞご覧ください。

■日程:平成29年6月24日(土)〜平成29年8月24日(木)
    9時〜17時 〔入場は16:30まで〕
    ※休館日 7月18日(火)〜7月21日(金)
    
■場所:篆刻美術館
    〒306-0033 茨城県古河市中央町2-4-18
    TEL:0280-22-5611

■入場料:一般200円(150円)/小中学生50円
     ( )内は、20名以上の団体料金

※詳しくは、篆刻美術館のホームページにてご確認ください。

貞香会より、顧問・中村素岳、会長・赤平泰処が出品しております。ご高覧くださいますようご案内申し上げます。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30
P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38

CGI-design[トップページ][記事を編集]